動脈硬化リスク2倍に!

咬合支持を失うと(歯を失ったままの状態)動脈硬化のリスクがおよそ2倍になることが大阪大学歯学部の研究グループによって明らかにされた。

咬合支持喪失が栄養摂取の低下を招き、結果的に動脈硬化となる可能性を示した。